2013年5月28日

お酒が飲みたくなくなる新薬が発売されました

2013年5月28日

京都市の医薬品メーカー・日本新薬が、5月27日に断酒補助剤「レグテクト錠」を発売しました。



この薬は、お酒を飲みたいという欲求を抑える働きがあるそうです。


日本新薬は、アルコール依存症患者の飲酒欲求を抑える
日本初の断酒補助剤「レグテクト®錠333mg」を発売しました | NEWS 2013|日本新薬株式会社

「レグテクト®錠333mg」は中枢神経系に作用し、アルコール依存により亢進したグルタミン酸作動性神経活動を抑制することで飲酒欲求を抑える日本初の薬剤です。

国内で実施した臨床試験の結果、カウンセリングなどの精神療法や、自助グループへの参加をはじめとした心理社会的治療と本剤を併用することにより、プラセボ群に対して有意に高い断酒成功率(投与24週間後の完全断酒率)が確認されました。

この新薬は、すでに世界24ヵ国で発売されているとのこと。

これは効果ありそうですね。

本気でアルコールをやめたい人にはいいんではないでしょうか。

ちなみにアル中といわれるアルコール依存症というと、手の震えや汗、幻覚症状などを想像すると思いますが、これは命に危険がある末期症状です。

「飲まないと寝れない」「毎日飲んでいる」など、このような状態でも立派なアルコール依存症です。

とくに日本人の場合は、「アルコールは薬物である」という認識が低いような気がします。

しかし、シャイで本音を言わない日本人にとって、お酒は昔から大事なコミュニケーションの道具です。

ですので、お酒はほどほどに、飲み過ぎないよう適量を守って楽しく飲みましょう。






耳でビールを飲む女性が話題に : Gugurecus

Erdinger(エルディンガー)のビールグラスを買ってみた : Gugurecus

ビールのカクテルが作れる「一番搾りツートン<生>」発売! : Gugurecus