2013年5月11日

パスタを茹でる時、塩を入れても何の意味もなかったことが判明!

2013年5月11日

沸点を上げるため、塩味をつけるため、などなど。。。

様々な理由から、スパゲッティなどのパスタを茹でる時には塩を入れるのが常識とされていましたが、実は何の意味もなかったことが判明しました。

東京家政大学の長尾慶子教授によると、

塩を入れてゆでたスパゲティと塩を入れずにゆでたスパゲティとでどのような違いがあるかを調理学の専門家で官能テストをしたことがありますが、塩を加えても加えなくても麺の食感には変化は認められませんでした。

官能テストのほか、数値でチェックしても結果は同じだったそうです。

一般的なパスタの茹で方として、お湯の約0.5~1%の塩を加えて茹でるのが常識とされていますが、1%程度の塩では沸点はほとんど上昇しないんだとか。

パスタの中にあるグルコース、アミノ酸、無機質などの味を塩が引き立てるという説もあるようですが、健康のため塩を加えすぎないほうがよいとのこと。

Σ(゚д゚lll)ガーン

いままでに入れた塩を返してください。。。

たしかによく考えてみると、パスタを茹でるときだけって変ですよね。

うどんやラーメンを茹でるときには入れないし。








スパゲティをゆでるときは塩なしでOKです|食の安全|PRESIDENT Online

冷水とフライパンでパスタをすばやく茹でる方法 : Gugurecus

【レンジでパスタ】ペペロンチーノを作ってみた : Gugurecus