2013年6月23日

6月23日は「スーパームーン」が見れますよ

2013年6月23日

6月23日の日曜日は月が最も地球に近づく日。

満月のスーパームーン現象が観測できますよっ。



普段よりも月が明るく、そして大きく見えます。

東スポWebによると、午後8時32分がベストな時間だそうです。

今回を逃してしまうと、次回のスーパームーンは2014年8月11日とのこと。


「スーパームーン」不吉な予感 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
6月23日の午後8時32分は、月が最も地球に近付くタイミングで、しかも満月という「スーパームーン」だ。つまり、いつもより大きく明るい月を見ることができる。次回は14年8月11日の午前3時ごろなので「天体ショー」として鑑賞する時間帯としては今回が最適。

満月といえば狼男。

実はこのスーパームーンは災害などを引き起こし、不吉とも言われています。

満月の日には殺人や交通事故が増えるという話もあります。

不思議な魅力を持った「月の魔力」といったところでしょうか。


ちなみに、さっき写真を撮ってみたんですが上手に撮れませんでした。。。

望遠レンズ欲しい。






ボーイング757の衝突事故、UFOと接触した可能性が高い : Gugurecus

なんと3800円!火星ツアーの参加者募集中。※ただし・・・ : Gugurecus