2013年10月13日

韓国の飲食店では、客の食べ残しを再利用するのが当たり前

2013年10月13日

韓国では、食品の再利用が法律で認められているそうです。



「食べ残し食材の再利用」が合法?韓国グルメの意外なリスク - Ameba News [アメーバニュース]
韓国では飲食店で客の食べ残しを、次の客の時に再利用するということが珍しくありません。食文化的な違いがあるとしても日本人からしてみれば、衛生面が気になります。

口に入れる食べ物であるだけに、衛生リスクには自己防衛が必要かもしれません。


日本の場合は食品衛生法で、客が食べ残した食品を再利用することは禁止になっています。

しかし、韓国の場合は再利用が認められているんだとか。



■韓国で再利用可能な食材

サンチュ、生ニンニク、ミニトマト、ウズラの卵、バナナ、ブドウ、キムチ、カクテキなど。



日本人からしてみれば、見ず知らずの全く知らない客が食べた後の食べ残しを出されるというのは抵抗があります。

きちんとお金を払うんだから新しく用意してほしいというのが本音ではないでしょうか。

これだけは、文化や考え方の違いなのでしかたありませんね。

どうしても嫌だという人は、韓国には行かないほうがいいのかもしれません。






韓国のり、冷麺から大腸菌が。。。韓国のり、冷麺から大腸菌が。。。

キムチに発ガン物質、さらに成人病を引き起こす恐れキムチに発ガン物質、さらに成人病を引き起こす恐れ